2017.5.1~2 六甲全山縦走①

170501 (1)
あつぷりさんツギロウさんが何度も行われている六甲全山縦走。この45kmあるロングコースをゲンジさんとハイクしてきました。
170501 (2)
4/30(日)夜にゲンジさんと福井で待ち合わせして今回の縦走コースのゴール地点である兵庫県宝塚市に来ました。ここに車を駐車しておいて翌日始発の電車に乗りスタート地点の須磨浦公園に向う予定です。3月にあつぷりさんがこのロング縦走を10時間切りで踏破されるという偉業を達成されたのですが、その時の移動手段でゲンジさんからの提案もあり同様にさせていただきました。スタート地点に車を駐車するとゴールしてから電車を乗り継いで戻らないといけないのでこの方法はベストだと思います。駐車場も同じ場所を利用しました。

170501 (3)
5/1(月) AM 4:36
予定より早い時間に宝塚市に着いたので車内で2時間ほど仮眠してから駅構内に向います。気温が低く寒いのでアウター着用です。前に写っているタクシーから運転手さんが『山から降りてきた?』と声をかけてこられました。見るからにハイカーそのままのようです(笑

170501 (4)
28ℓのザックに泊りの着替えやレインウェアなど諸々。途中で食料を調達するので3分の1ほどまだスペースがあります。

170501 (5)
始発の電車に乗り、途中乗り継ぎです。

170501 (6)
乗客はほとんどいません。
窓に映るゲンジさんと僕。

170501 (7)
1時間程でスタート地点の須磨浦公園に到着しました。

170501 (8)
歴史に詳しいゲンジさん、公園近くの敦盛塚へ。

170501 (9)
6:23 六甲全山縦走スタート地点(須磨浦公園)
いよいよかぁ~、ワクワクしてきた。

170501 (10)
最初は散策路のよう。

170501 (10-1)
明石海峡大橋。

170501 (11)
6:52 須磨浦ロープウェイ園地

170501 (12)
7:02 旗振山(標高252.6m)

170501 (13)
神戸の街並み。

170501 (14)
目印や看板があって進路が分かりやすい。

170501 (15)
7:15 鉄拐山(標高234m)

170501 (16-2)
<ゲンジさん画像ご提供>
おらが茶屋が見えてきた。自販機・WC有り。

170501 (17)
縦走コース、一端下山するよう。
ここが高見台のようだ。

170501 (18)
早朝から開店してるスーパー。ここで、朝ごはん。

170501 (19)
おにぎりセットに麦茶。
時間に追われてるわけではないので、いきなりのんびり。

170501 (20)
真ん中に見えるのが、今から登る栂尾山のよう。

170501 (22)
しばらく歩いて行くといきなり目の前に・・・おー、これが有名な400段の坂。

170501 (23)
ゲンジさん、余裕のポーズ!

170501 (23-1)
<ゲンジさん画像ご提供>
階段を登り終えると、やっと登山道らしくなってきました。

170501 (24)
8:02 栂尾山(標高274m)

170501 (25)
歩いてきた旗振山・鉄拐山を振り返る。

170501 (26)
<ゲンジさん画像ご提供>
緩やかな尾根を歩いていきます。

170501 (27)
迷わないよう所々に標柱があって親切。

170501 (28)
<ゲンジさん画像ご提供>
8:15 横尾山山頂(標高312m)

170501 (29)
須磨アルプス。

170501 (30)
馬の背。
よくあるネットの画像より実際は全然平気だと聞いていたが、なんかメッチャ切れてるし・・・・・慎重に進みます。

170501 (31)
<ゲンジさん画像ご提供>
ここ落ちたらアウトやし・・・・・マジでこんなとこ通るの?と、ゲンジさんと話しながら進みます。が、やっぱりコース間違ってた(泣
引き返して上るときホント怖かった。

170501 (32)
正規のルート。しっかり階段になってます(笑

170501 (33)
どこで間違ったのか、あんな危険なとこ2人で下ってた(笑

170501 (34)
お~、ネットでよく見た風景。ハイカーさんいますね。

170501 (35)
ズーム。
軽快に登られてます。

170501 (36)
馬の背を振り返る。

170501 (37)
確かに実際は恐怖感もなく安全です。
道間違いしなければ(笑

170501 (38)
東山(標高253m)

170501 (39)
次に登る高取山のよう。
地図では一度、下山します。

170501 (40)
街中を歩いていく。

170501 (41)
阪神高速。

170501 (42)
公式マップにはコース上で市街地の分かりにくい箇所の詳細図が載っていたのでコピーしてきた。

170501 (43)
今回のコースで重要なポイントにしていたコンビニ。食料調達。

170501 (44)
高取山を登っていると先ほど平地で勢いよく走って追い抜いていったトレランの方がいらっしゃいました。上りでペースダウンしているようです。こうなると、アカン・スイッチが入ってしまう・・・ゲンジさん、疲れもなく余裕みたい。抜き返そう。ペース上げます(笑

170501 (45)
ランナーさん、息が上がってましたね~。
追い抜いて引き離した(^^

170501 (46)
荒熊神社。

170501 (47)
高取山。

170501 (48)
10:18 高取山丸山町登山口

170501 (49)
んん?おーっ、ここはツギロウさんのお店(^^

170501 (50)
細川商店は閉まってました。

170501 (51)
自販機でエネルギー補充。

170501 (52)
11:00 鵯越駅

170501 (53)
<ゲンジさん画像ご提供>
あつぷりさんやツギロウさんが苦戦された菊水山の登り口に向かいます。

170501 (54)
いよいよですね~。ゲンジさん、頑張りましょう(^^!

170501 (56)
最初は緩やかなトレイルなのですが・・・。

170501 (57)
階段が目立ってきました。しかも長い。

170501 (58)
なかなかの急坂が続きます。

170501 (59)
次々と現れる階段地獄(><)
かなり体力消耗しました。

170501 (60)
11:55 菊水山(標高458.8m)

170501 (61-1)
<ゲンジさん画像ご提供>
もう完全にヘロヘロ。。。

170501 (63)
展望台から登ってきた山々を眺めます。

170501 (65)
<ゲンジさん画像ご提供>
行動食のパンを食べながらアクエリで水分補給。
これから歩くコースを地図で再確認。

170501 (66)
しっかり休憩したので回復。出発!

170501 (67)
ゲンジさんが指差す方向には・・・。

170501 (68)
次に向う鍋蓋山。お仲間さんの話ではこのお山も手強いみたい。

170501 (69)
<ゲンジさん画像ご提供>
天王吊橋を渡って登り口へ。

170501 (71)
いきなり急坂。
ソロの女性、速かった~。全く追いつけませんでした。

170501 (72)
ここでゲンジさんの秘密兵器シナノフォールダーFREE115、投入!

170501 (73)
13:05 鍋蓋山(標高486.2m)

170501 (74)
山頂は広いスペース。ここでもしっかり休憩です。
ちなみに、あつぷりさんは前回ここまで4時間17分。僕達は6時間42分。とんでもない差を感じます・・・・・。

170501 (75)
<ゲンジさん画像ご提供>
鍋蓋山は事前に『キツイよ~』と、お仲間さん情報があったので覚悟して頑張れた。最後の最後でバテないよう今日のゴール地点、摩耶山へ向います。

170501 (76)
コーラが飲みたくなったので途中の自販機で再度休憩。

170501 (77-2)
13:55 市ヶ原
奥に生徒さん。高校の学校行事かな。
手前のお姉さん、一人で気持ちよさそうにお昼寝中。

170501 (78)
13:57 桜茶屋

170501 (79)
建物が見える。どうも今日の宿泊先はあの辺りのようだ。

170501 (80)
ここから稲妻坂。

170501 (81)
ゲンジさんの話ではこの坂がキツイんじゃないかとの予想。地図を見ると確かに等高線がちょっとヤバイ感じ。

170501 (82)
今朝、スタートしてから8時間経過。
疲れたまってきましたね。。。

170501 (83)
なにか分岐点のようです。

170501 (84)
地図で確認。山頂までもう少し。

170501 (85)
看板には宿泊先。

170501 (86)
コロコロ坂。あともう少しなのにペースが上がりません。

170501 (87)
ゲンジさん、もう疲労困憊のようです。

170501 (88)
NHK電波塔。

170501 (89)
ホテルまであと500m。

170501 (90)
つ、ついたー!
出発してから9時間、ようやく着きました~^^

170501 (91)
15:27 オテル・ド・摩耶
ツギロウさんが初の六甲全縦のとき利用されたホテルです。

170501 (93)
チェックインし、部屋へ。
まずは乾杯、お疲れさまでしたー!

170501 (92)
大浴場で汗を流して、またビール。
夜景も楽しみだなぁ~。

170501 (94)
累積標高 2445.19m
沿面距離 26.063km
一日目、無事計画通りハイクできました。

9時間歩いたのって久しぶり。疲れたけど有名なコースを歩けていろいろ勉強になった。それにしてもあつぷりさんはあと1時間もかからずに全山縦走踏破・・・マジで凄い。

明日も天気良さそうだし、楽しい一日になりそうだ。

スポンサーサイト

テーマ : 山登り
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

こんばんは。

六甲全山縦走お疲れ様でした。

前半快調でしたが、きもは菊水山でしたね。
あそこは山ではなく非常階段でした(笑)

下見の意味あいもあっての六甲縦走でしたが、なんだかんだとペースも上げつつ、でも後半、といってもホテルまでの後半でしたが、すっかりへたれてしまいました。
でも今回の経験が次に活かせるのは間違いないと思いましたよ。
としパパさんソロならもっと早くにホテルについていただろうに、お付き合いいただき助かりました。
今後とも、ご指導ご鞭撻のほどよろしくお願いいたしますm(__)m

祝!オテル・ド・摩耶到着

としパパさん 六甲全縦前半踏破、おめでとうございます!

須磨アルプスで、前人未到の新ルート開拓(笑)
トレラン野郎懲らしめ(笑)
摩耶山・コロコロ坂でのゲンジさんへの鬼しごき(ウソ)
などなど地獄の鬼教官らしい様々なプログラムを織り交ぜながらの9時間到着!初トライとは思えない素晴らしい山行だと感服致しました。
2日目も、どんな鬼しごきが待っているのか(笑)
レポ楽しみに致しております!





Re: こんばんは。

ゲンジさん、こんにちは!

お疲れさまでした!

菊水山は今回の六甲全縦の一番のポイントでしたね。
あの長~い階段は反則でしょ(笑

ゲンジさんが六甲全縦するとお聞きしたとき絶好の機会だと思い嬉しかったです。
ご一緒させていただきありがとうございました!
いえいえ、こちらこそ塩分補給や行動食などゲンジさんにはとても助けていただきました。感謝しています。あともう一息なのにホテルまでが遠かったですよね(^^
僕も次に繋がるいい経験ができました。秋、楽しみです!

Re: 祝!オテル・ド・摩耶到着

ツギロウさん、こんにちは!

ありがとうございます!

須磨アルプス、まじでビビリましたよ~。
ルートミスって自分が間違ってるの気付いてませんからね。馬の背を歩いている人を見て『どうやってあそこに行くんやろ?』と不思議に思いながらドンドン下ってました(笑

追い抜いていったランナーさんがペースダウンしてたので、変なスイッチが入ってしまって・・・菊水山でのダメージ、一番の原因かも(^^;

ホテルでツギロウさんのレポをゲンジさんがスマホで何度も確認して一日目の反省と二日目の計画を確認してたんですよ。ええ、爆笑したシーンも数々でレポ懐かしかったです(^^
カテゴリ
リンク
最新コメント